ガイドコラム

季節の足が早すぎるので、今年はうっかりすると見逃しそうです。

 

例年、入学式の桜吹雪というのが定番ですが、今年2020年は開花相当早そうですね。

日本各地には地元に愛されている素晴らしい桜並木や一本桜があり、温泉や美味しい食事を提供する素晴らしい宿があります。これからインバウンド需要が減衰するこのタイミングこそ、「日本の良いトコ」を見直す機会だと思っています。

たまには思い切って、人出の少ない平日に出かけるのも良いものですよ。

 店頭にも春らしい商品が入荷しだしました。 ⇒ こちら

2020年の河津桜

 2020桜開花予想 ⇒ 3社予想

病気を発症するしないに関わらず、私たちの身の周りには細菌やウイルスがあるのは周知のとおりです。同じ種類の細菌やウイルスに曝されても発症するかどうかはその人自身の抵抗力に大きく左右されます。家に留まるべきかどうかは当人が「感染している可能性」が大きなポイントで現状では疑わしきは「行動範囲を極力制限」は当然です。

各地の桜祭りは「武漢肺炎新型コロナウイルス」の感染拡大の影響はこれから顕在化されていくことでしょうが。正確な情報で、正しく恐れて、自分と家族の健康を守っていきたいですね。

メジロはお食事中です。

人ごみを抜け出した野山歩きには良いことがいっぱい。

有酸素運動領域の心拍数、体温上昇と発汗、四季の自然に触れるながら森林浴によるストレス低減、水分補給と良質な食事、景色を見ながら会話を楽しみ、心身を健康にしていくのです。

適度な寒冷や暑さ、太陽の光や吹き抜ける風などの外的ストレスも身体にとって有益です。きっと免疫力を向上させてくれると私は信じています。

じっと家に閉じこもっていては運動不足になり、別な病気を招くこともあります。

おおむね健常であるならば、

気晴らしに運動不足とストレスを解消できる軽ハイキングに出かてみることを計画してみませんか。

イワウチワ

今年の積雪状況では

例年なら4月中旬以降に雪解けと共に咲くイワカガミやイワウチワも相当前倒しになりそうです。

イワカガミ

ちょっと悪いお知らせかも。

低積雪の為、ニホンジカはたくさん越冬成功していると思います。

最近登った岐阜の山で目撃したのですが、アルカロイド系の毒を持つユズリハを丸坊主にするほど、ニホンジカは食糧難になっています。

小雪が及ぼす環境変化を強く感じました。

先ずは日頃の一人ひとりのできること、小さな一歩も大切にしたいですね。スーパーのポリエチレン袋も有料化が増えましたね。

 登山学校実技 ⇒ こちら

この記事を書いたのは「ガイド 加藤智二」

ガイド 加藤智二

公益社団法人日本山岳ガイド協会 認定山岳ガイド
日本プロガイド協会
日本山岳レスキュー協会所属
国立登山研修所講師

1960年生まれ。高校では小学校から続けるサッカーに没頭、キャプテンを務めました。
住み込みで新聞配達をしながら専門学校に通い、一人で山を始めました。卒業後、社会人山岳会に入り沢登り、岩登り、冬山など本格的に登山を開始、84年にネパールを皮切りにパキスタン、中国へ海外登山を行いました。
冬山登山や岩登りも行いますが、植物・地質など自然全般が大好きで、写真撮影も得意としています。
広範囲な登山を目指すことをモットーとしています。
現在は国立登山研修所講師や公益社団法人日本山岳ガイド協会などの事業への協力を行っています。

≪主な海外山行≫
■パキスタン ガッシャーブルムⅡ(8035m)
■中国 チョーオユー(8201m)
■日本・中国・ネパール三国合同チョモランマ・サガルマータ(8848m)

≪関連ホームページ・ブログ≫
■好日山荘登山学校校長のご挨拶

最近の記事