ガイドコラム

第三弾 花・はな・フラワー こころを癒すひととき

 

元気の出る色、皆さんは何色でしょうか。

ヒマワリのような人といえば、太陽に向かって開く大輪、周りを明るく照らす女性をイメージされますが、現代であれば男女問わずといったところでしょうか。

たくさん過ぎて!!

世の中のテレビのニュースやワイドショー、新聞は控えめに言っても、見てくれる人がいなければ成り立ちません。世間の耳目を集める話題に傾くものだとわかって付き合う方が心が安定しますね。

 第三弾は黄色の花です。早春から夏にかけて生き物が活発になる時期でもありますね。私たちも運動不足にならないよう内需拡大・お出かけ計画を立てませんか!

 

フクジュソウ
パラボナアンテナのような照りのある花弁の中は集光されて暖かそうです。
誰ですか?味噌和えにして今晩一杯!と思ったでしょ。

タンポポも撮り方を変えると造形の素晴らしさが際立ちます。
「まんず咲く」雪解けの山の先頭バッターはマンサクでしょうか。
オトギリソウ
オオバキスミレ 大葉・黄・菫
ヤマガラシ
メタカラコウ
山のハーブ クロモジの花は緑に覆われる前に光り輝くのですよ。
菜の花を忘れてはいけませんね。撮り鉄ではありませんが。
メアカキンバイ
タマガワホトトギス
ニッコウキスゲ ニホンジカの食害を受けやすい植物ですね。
昆虫も忙しい!
ミヤマキンバイ 早朝の朝露が光っていました。
バラ科の黄色い高山植物、葉っぱが三つに分かれていてイチゴ(バラ科)みたいでしょ。
ミヤマキンポウゲ
キンポウゲ科の黄色い花の高山植物。葉っぱが掌状に分裂しています。
シナノキンバイ 黄色く大きなガクが目立ちます。
遠くに剣岳を望むシナノキンバイの花園
シロウマタンポポ
上から見たシロウマタンポポ
ニガナ 小ぶりの花ですが、よく見ると花弁に特徴が。
リュウキンカ 水の多いところが好きです。
キケマン
キツリフネソウ 黄色いツリフネソウ

 出かけたいときに身体が鈍っていては困るので、自宅廻りを「防災散歩」を兼ねて歩いておいてくださいね。

 青系 ⇒ こちら

 赤系 ⇒ こちら

 白系 ⇒ こちら

好日山荘登山学校 ⇒ こちら

Yahooニュース/個人/ライフ/加藤智二 ⇒ こちら

フェースブック ⇒ こちら

インスタグラム ⇒ こちら

この記事を書いたのは「ガイド 加藤智二」

ガイド 加藤智二

公益社団法人日本山岳ガイド協会 認定山岳ガイド
日本プロガイド協会
日本山岳レスキュー協会所属
国立登山研修所講師

1960年生まれ。高校では小学校から続けるサッカーに没頭、キャプテンを務めました。
住み込みで新聞配達をしながら専門学校に通い、一人で山を始めました。卒業後、社会人山岳会に入り沢登り、岩登り、冬山など本格的に登山を開始、84年にネパールを皮切りにパキスタン、中国へ海外登山を行いました。
冬山登山や岩登りも行いますが、植物・地質など自然全般が大好きで、写真撮影も得意としています。
広範囲な登山を目指すことをモットーとしています。
現在は国立登山研修所講師や公益社団法人日本山岳ガイド協会などの事業への協力を行っています。

≪主な海外山行≫
■パキスタン ガッシャーブルムⅡ(8035m)
■中国 チョーオユー(8201m)
■日本・中国・ネパール三国合同チョモランマ・サガルマータ(8848m)

≪関連ホームページ・ブログ≫
■好日山荘登山学校校長のご挨拶

最近の記事