ガイドコラム

第四弾 花・はな・フラワー こころを癒すひととき

 

少しは良いニュースが出てきてほしいですね。

この災難を転じて、社会の危急時に対する仕組みや国難に対する国民の行動がステップアップすることを願わずにはいられません。

先ずは、自分と家族が不健康にならないことですね。別に病気の原因は「武漢肺炎・新型コロナウイルス」だけではありませんから。

イラつく心を落ち着かせるならブルーでしょうか。皆さんは何色が落ち着きますか。

ということで、青~紫系のお花をランダムにご紹介します。

私の好きな花。保育園の園児服みたいでほっこりするのです。
キクザキイチゲ
アルプスの稜線で目を引きます。
雪割草のひとつ、ミスミソウは色にバラエティがありますね。
イカリソウも色変りがありますね。
シロウマアサツキ 蛇紋岩質の土壌が好きなのかも。
スプリングエフェメラルとして有名なカタクリ
雨粒に濡れるカタクリも悪くないですよ。
沢の湿った水が鳴られるところが大好きのようです。
トリカブト キンポウゲ科の植物は有毒が多いです。
シャジンの仲間 キキョウ科は爽やかな青系ですね。
オヤマノリンドウ 大きく開かずオチョボ口で見かけることが多いです。
石垣の常連さん。カキドオシ
キランソウ
イワギキョウとタカネツメクサ
タテヤマリンドウ
産毛があるチシマギキョウ
小さい頃に遊びませんでしたか?ツユクサ
4人姉妹のシラネアオイ、早春の花ですよ。
郊外を歩くと、オオイヌノフグリに目が行きます。ストライプが可愛いですよ。
エゾエンゴグサ 爽やかな青
キュウリグサ なんだか気の毒な気もします。
ミソガシワ
ちょっと渋くミヤマアケボノソウ
ハクサンコザクラ
マツムシソウ 秋の花ですね。
ミヤマクワガタ

まだありそうですが、最後まで見ていただいて、ありがとうございました。

 山に本物を見に行く前に、山道具のお手入れのお願いしますね。 ⇒ お手入れコラム(追加中です)

 山に役立つ筋力を落とさない為に ⇒ こちら

 黄色系 ⇒ こちら

 赤系 ⇒ こちら

 白系 ⇒ こちら

好日山荘登山学校 ⇒ こちら

Yahooニュース/個人/ライフ/加藤智二 ⇒ こちら

フェースブック ⇒ こちら

インスタグラム ⇒ こちら

 

この記事を書いたのは「ガイド 加藤智二」

ガイド 加藤智二

公益社団法人日本山岳ガイド協会 認定山岳ガイド
日本プロガイド協会
日本山岳レスキュー協会所属
国立登山研修所講師

1960年生まれ。高校では小学校から続けるサッカーに没頭、キャプテンを務めました。
住み込みで新聞配達をしながら専門学校に通い、一人で山を始めました。卒業後、社会人山岳会に入り沢登り、岩登り、冬山など本格的に登山を開始、84年にネパールを皮切りにパキスタン、中国へ海外登山を行いました。
冬山登山や岩登りも行いますが、植物・地質など自然全般が大好きで、写真撮影も得意としています。
広範囲な登山を目指すことをモットーとしています。
現在は国立登山研修所講師や公益社団法人日本山岳ガイド協会などの事業への協力を行っています。

≪主な海外山行≫
■パキスタン ガッシャーブルムⅡ(8035m)
■中国 チョーオユー(8201m)
■日本・中国・ネパール三国合同チョモランマ・サガルマータ(8848m)

≪関連ホームページ・ブログ≫
■好日山荘登山学校校長のご挨拶

最近の記事