ガイドコラム

筋トレだけが身体のお手入れではありません。免疫力を落とさない野山の散歩のススメ

 

新型コロナウイルスに翻弄される世界をよそにソメイヨシノの花はいつものように薄桃色に公園をにぎやかに飾りだしてきました。

雪を頂く峰々のすそ野がまばゆい新緑に輝く頃にはいつもの生活が戻ってきてほしいものです。

山笑う 一斉に芽吹くブナの新芽

現実の生活を改めて見てみると、2020年2月以降の生活習慣が激変したことを実感せざる負えません。

 1:人ごみを避け、密室空間を避ける。

・・・電車・バス・飛行機など交通機関、映画館やコンサート、スポーツ観戦などダメージ大きいですね。

 2:見ず知らずの他人と2メートル以上離れ、会話時の飛沫を浴びないようにする。

・・・日本語は破裂音が少ないので他の言語圏に比べ、電車社内も静かで大人しく感じますね。

 3:眼・口・鼻など粘膜にウイルスが付着することを避けるために、しっかりと石鹸手洗いします。

・・・家庭レベルなら完璧に洗えなくても、何度でも手洗いできる環境に感謝ですね。

ウリノキの新緑

健康に絶対基準はありません。広辞苑によれば「具合が良くて気持ちの良い状態」と快適な状態といわれています。

菜の花を行く大糸線

私達は人工的環境に囲まれ生活しています。自分自身が自覚していなくても緊張を強いられ脳が酷使されています。

・・・ちょっとしたことに腹立てていたとしたら・・・汗!!

新型コロナウイルスによる病気のこと、経済的なこと、仕事のプレッシャー、家族や友人との人間関係などを考えると心臓がどきどきと高まったり、手に汗が噴き出たりすることもあります。

野山を眺めたり、散歩したり、ハイキングしたりして脳活動を落ち着かせてみませんか。

 様々なストレスが高まり、仕事疲れが貯まっていると私たちが本来持っている「免疫機能」が低下した状態です。風邪を引きやすくなったり、お腹が痛くなったりしてしまいます。大きな病気の引き金になりかねません。

のんびり木道を歩いておしゃべりタイム

森林浴はご存知ですか? 海外の方へも「Shinrin-Yoku」で通じるほど日本発の森林の持つ人を癒す効果が認められています。

 森林セラピーについて ⇒ 森林セラピーソサエティ

 ☆:状態や活発に気分が高まった状態はコルチゾールというストレスホルモンが多く分泌された交感神経活動が優位の状態です。

 ☆:森を散策や可憐な花、ヒノキやクロモジの香りや嗅ぐと脳が沈静化し、リラックスした副交感神経活動が優位の状態です。

「交感神経活動と副交感神経活動」のバランスをとるため

 ⇒

私加藤のおススメは有酸素領域のハイキングやのんびり自然観察ハイキングです。一度試してみませんか。

山のハーブ クロモジの花は緑に覆われる前に光り輝くのですよ。

自宅に籠って運動不足、食べてストレス解消!するより、先ずは近くの公園散歩に出かけてみましょう。

郊外を歩くと、オオイヌノフグリに目が行きます。ストライプが可愛いですよ。

週末にはテレビ・新聞・スマホをお休みさせて、ファミリーピクニックに出かけるのも素敵ですね。

身体と心(脳)は一心同体、切り離せません。他人と比較をせず、自分と向き合う時間を大切に。

 山に本物を見に行く前に、山道具のお手入れのお願いしますね。 ⇒ お手入れコラム(追加中です)

 山に役立つ筋力を落とさない為に ⇒ こちら

 黄色系 ⇒ こちら

 赤系 ⇒ こちら

 白系 ⇒ こちら

 好日山荘登山学校 ⇒ こちら

 Yahooニュース/個人/ライフ/加藤智二 ⇒ こちら

 フェースブック ⇒ こちら

 インスタグラム ⇒ こちら

 

この記事を書いたのは「ガイド 加藤智二」

ガイド 加藤智二

公益社団法人日本山岳ガイド協会 認定山岳ガイド
日本プロガイド協会
日本山岳レスキュー協会所属
国立登山研修所講師

1960年生まれ。高校では小学校から続けるサッカーに没頭、キャプテンを務めました。
住み込みで新聞配達をしながら専門学校に通い、一人で山を始めました。卒業後、社会人山岳会に入り沢登り、岩登り、冬山など本格的に登山を開始、84年にネパールを皮切りにパキスタン、中国へ海外登山を行いました。
冬山登山や岩登りも行いますが、植物・地質など自然全般が大好きで、写真撮影も得意としています。
広範囲な登山を目指すことをモットーとしています。
現在は国立登山研修所講師や公益社団法人日本山岳ガイド協会などの事業への協力を行っています。

≪主な海外山行≫
■パキスタン ガッシャーブルムⅡ(8035m)
■中国 チョーオユー(8201m)
■日本・中国・ネパール三国合同チョモランマ・サガルマータ(8848m)

≪関連ホームページ・ブログ≫
■好日山荘登山学校校長のご挨拶

最近の記事