ガイドコラム

第一弾 花・はな・フラワー こころを癒すひととき

 

ふぁっと薫る柔らかい花の香りは人の心を癒しますね。今日は野花の写真でのんびりしてみませんか。

現実社会からは「健康問題」に加えて「経済の停滞」がニュースに入るので気が滅入っている人も多くなっているのではないでしょうか。

上杉鷹山の「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」とか、会津藩什の掟「ならぬことはならぬものです」など、高い精神性を内在しているのが日本人だと信じているのです。

でも、四六時中まじめでいたら「壊れてしまいます」

時期とか場所は抜きにして日本の多様な地形と気候は様々なお花を育みます。

白いお花、手元にあった写真から一部をご紹介しますね。

バイカイカリソウ

紫のカタクリが咲く早春、イカリソウは各地の野山で見ることができます。

キクザキイチゲ
セツブンソウ
コブシ
ウメバチソウ
チョウノスケソウ
チングルマ
イワヒゲ
キタダケソウ
イワツメクサ
ハクサンイチゲ
オオバノエンレイソウ
ツマトリソウ
イワウメ
ゴゼンタチバナ
センジュガンピ
チゴユリ
モミジバイチゴ
タカネツメクサ
ミズバショウ
イワイチョウ
サラシナショウマ(白)クガイソウ(紫)
キヌガサソウ
オオレイジンソウ
ミヤマカタバミ
バイケイソウ
ギンリョウソウ

葉緑素を持たないツツジ科の被子植物で鬼太郎の父さんのような「液果」を実らせます。

最後まで見ていただいてありがとうございます。今回は裏山からアルプスで出会った清楚なホワイト系でした。

次回はピンクや赤系統が良いですね。

 黄色系 ⇒ こちら

 赤系 ⇒ こちら

 青系 ⇒ こちら

好日山荘登山学校 ⇒ こちら

Yahooニュース/個人/ライフ/加藤智二 ⇒ こちら

フェースブック ⇒ こちら

インスタグラム ⇒ こちら

この記事を書いたのは「ガイド 加藤智二」

ガイド 加藤智二

公益社団法人日本山岳ガイド協会 認定山岳ガイド
日本プロガイド協会
日本山岳レスキュー協会所属
国立登山研修所講師

1960年生まれ。高校では小学校から続けるサッカーに没頭、キャプテンを務めました。
住み込みで新聞配達をしながら専門学校に通い、一人で山を始めました。卒業後、社会人山岳会に入り沢登り、岩登り、冬山など本格的に登山を開始、84年にネパールを皮切りにパキスタン、中国へ海外登山を行いました。
冬山登山や岩登りも行いますが、植物・地質など自然全般が大好きで、写真撮影も得意としています。
広範囲な登山を目指すことをモットーとしています。
現在は国立登山研修所講師や公益社団法人日本山岳ガイド協会などの事業への協力を行っています。

≪主な海外山行≫
■パキスタン ガッシャーブルムⅡ(8035m)
■中国 チョーオユー(8201m)
■日本・中国・ネパール三国合同チョモランマ・サガルマータ(8848m)

≪関連ホームページ・ブログ≫
■好日山荘登山学校校長のご挨拶

最近の記事