山岳ガイドが語る冬山登山の楽しみ方と注意点-田中ガイド

tanaka0

冬の登山には他の季節とは全く異なる美しい景色や厳しさが共存しています。
そんな冬山登山の楽しみ方と注意点を田中ガイドに聞いてみました。
(この記事は2015年冬の記事を再編集しています)

Q1.冬山の魅力・楽しみ方と言えば?

A.スノーシュー・ワカンを楽しもう!

tanaka1

冬山・雪山でスノーシュー・ワカンを使って歩くことの良さは何よりも「自由」になれることだと思います。
夏は生態系への影響を考え登山道を逸れることが良くないとされていますが、雪に覆われた場所では地面への影響は少ないため自由に自分の道を決めることができます。

雪を掘ってテーブル、チェアを作ればどこでも休憩、食事を楽しむことができます。
また、山頂という目的地を決めず時間の許す範囲で「何があるかな。見えるかな」という期待感でわくわくしながら進んだり、斜面で雪の滑り台を作って遊ぶといった楽しみも。

好日山荘のスノーシューツアーでは安全管理を同行のガイドが行いますので、安全におもいっきり楽しむことに専念できるのでお薦めです!!

Q2.おすすめの冬山はどのエリアですか?

A.八方・白馬エリア
3000m級に登らなくとも十分な達成感を味わえます

tanaka2

私の住む白馬周辺のお薦めの山を紹介いたします。
北アルプスの山は年末年始を含む厳冬期(12月~2月)は、寒さ、積雪量、アプローチの長さ等厳しい環境下での登山となるため、一般の登山者が簡単に山頂を踏むことができる山はありません。

しかし、北アルプスのスケールの大きな山の中では、何も3000mの山に登らなくとも十分な達成感と感動的な景色を眺めることが可能です。
その一つが今回お薦めする「八方山」標高1974mです。

有名な唐松岳への登山道の途中に位置している山(夏は唐松や八方池に向かう登山者の展望ポイントとしても有名)です。
この山のウリはは何よりもアプローチの良さです。
八方尾根スキー場のゴンドラとリフト2本を乗り継ぐと、なんと標高1850mまで歩かずに上ることができます。
八方山まではここから片道わずか約1時間ですが本格的な雪山登山の気分を味わうことができ、さらに八方山からの景色は本当に圧巻です。

優美な白馬三山、ごつごつとした豪快な五竜岳、鹿島槍ヶ岳、遠くは妙高・戸隠、浅間山、八ヶ岳、南アルプス、さらに天気が良ければ遠く富士山まで眺めることができます。

登山道の出発点にある八方池山荘は通年営業をされていますので、宿泊をすれば美しいモルゲンロートや新年の初日の出を見ることができるかもしれません。

注:八方池山荘~八方山間は完全な雪山です。天候が悪くなると非常に厳しい登山となります。しっかりとした装備、天候の確認が必要です。
また、スノーシュー(またはワカン)は必須となりますので必ずお持ちください。

Q3.冬の八方・白馬エリアに登るために必要な装備選びのポイントは?

A.スノーシューは体重やブーツに合わせて選びましょう

tanaka3

スノーシューをお選びになる際はご自身の「登山形態」「体重」「登山装備重量」に適した物をお選びいただけると良いと思います。
*スノーシューのデッキ面積が大きいほど浮力が大きい反面、取回しが難しい、ひっかかる、細いトレースの場合縦に足を置く必要があるため歩幅が広くなる等のデメリットがあります。

例えば、体重が80キロ以上ある男性でテント泊装備を背負って、比較的歩きやすい道を長い距離歩かれる様な山行であれば面積の大きいタイプ(例:MSRのライトニングアッセント25)がお勧め。

反対に男性でも体重が軽く、荷物も少ない山行が主であれば、幅の細い女性用(例:MSRのライトニングアッセントW’s22インチ)も選択肢に入れても良いでしょう。

登頂目的ではなく、緩やかな地形でのスノーシューハイキングを楽しまれるのであれば、ベーシックなモデルで十分対応できます。
急斜面がないのであればクライミングサポートを使うこともありません。
また、スノーシューには靴との相性があります。
甲の部分に凹凸がある靴(スキーブーツ等)は特に注意が必要です。
ご購入の際はご自身にあったスノーシューについて店頭スタッフにご相談ください。

WebShopのスノーシューをチェックする
WebShopのワカンをチェックする

今回、冬山の楽しみ方と注意点を教えてくれたのは「田中ガイド」

tanaka0

田中 敦(たなかあつし)
公益社団法人日本山岳ガイド協会認定登山ガイド ステージⅡ
N.I.A.J(Nature Instructors Academy of Japan)所属

>ガイドコラムへ

1975年生まれ。20歳から約13年間海外、特にスイスに駐在して、ヨーロッパ各地の山にお客様をご案内。
帰国後は登山専門の旅行会社に所属して、国内外の山をガイド。
現在は好日山荘白馬店に勤務。
日本の里山からヒマラヤの高峰まで様々な山をガイドした経験を活かしてお客様の登山スタイルに合わせた登山用品をご案内しております。

≪主な海外山行≫
■タンザニア キリマンジャロ(4回)
■ロシア エルブルース(4回)
■南極 ビンソンマシフ
■オーストラリア コジオスコ
■ヨーロッパアルプス 4000m峰12座(モンブラン、マッターホルン等)

≪関連ホームページ・ブログ≫
好日山荘白馬店

あなたへのおすすめ